食料問題から世界を変える挑戦を!


2013年12月22日

印刷市場はどうなっている?

Category: 電化製品関係 – 作成者: admin – 12:00 AM

近年、企業や会社、個人でもコピー機や印刷機械を取り扱っている人が増えています。印刷機などを販売している企業は、年々売り上げが伸びている傾向にあります。

印刷市場の業界規模は3兆以上になります。利益は1263億円で、売上の利率は前年度と比較して+1.7%と伸びています。働いている人の平均年齢は40歳で勤続年数は14年と、他の企業と比較して長く働いている人が多いようです。
就職先や転職の際には印刷市場にある企業が良いとされています。企業によって仕事内容は違ってきますが、他と比較して印刷関連の企業は良いランクにあるといえるのではないでしょうか。

最近では家庭でパソコンを使用している人が多く、写真の印刷や副業などで印刷機やコピー機を購入している人が増えています。電器店でも多くの家庭用コピー機やプリンターが安く販売されています。

このように家庭への需要も増えてきている印刷市場は、今後も活躍が期待できるのではないでしょうか。年々、新しい印刷機が発売されています。これから印刷市場がどのように発展していくのか、楽しみです。

印刷機の相場や商品について知りたい場合は、インターネットで価格の確認や比較が気軽にできます。ランキングサイトなどを参考にして、自分の欲しい商品を探してみてください。